<隠れ家サロン 侑己 >
専門:医療リンパドレナージ
   普通のリンパドレナージも行っております。 
連絡はこちらのブログからどうぞ
所在地:神奈川県横浜市
経歴:
1995年4月横浜市内の大学病院に看護師として就職(脳外・整形・耳鼻・口腔外科病棟、手術室勤務)
1998年 NARDJAPANアロマインストラクター修了
2004年1月IFR認定リフレクソロジー修了
2005年11月アロマリンパトリートメント修了 2009年12月トリートメントスペース準備のため、大学病院を退職
2010年2月フェルディ式医療マニュアルリンパドレナ−ジ複合的理学療法初級中級修了
横浜市関内にトリートメントスペースをグランドオープン



2010年02月08日

龍馬伝と紫周

NHK大河ドラマ「龍馬伝」はまるで龍が迫ってくるように勢いのある題字は、誰が書いたのか知っていますか?答えは紫舟(ししゅう)さん。スズキ「アルト」のCM出演でもおなじみです。

紫舟さんは出身地や年齢が非公表と謎が多い人だが、6歳で書道をはじめ、平成13年に書家デビューを果たしたとのこと。龍馬伝の他には、昨年度に放送されたNHKスペシャル「沸騰都市」やロックバンド「甲斐バンド」が昨年秋に出したアルバム「目線を上げろ」などの題字で注目を集めている人だ。

本名の一部に「紫」の字があり、紫舟には「舟」が天職である書道に自分を運んでくれたとの意味があるとのこと。

今回の大役は昨年春、NHKのコンペを突破し、引き当てている。まさに、舟が運んでくれた?また、その際、司馬遼太郎の長編小説「竜馬がゆく」を読破して、龍馬についての洞察を深め、さらに主演の福山雅治のアルバム収録曲すべてに耳を傾け、「福山龍馬」のイメージをふくらませたそう。中でもNHK朝の連続テレビ小説「わかば」(平成16年度)の主題歌だったバラード「泣いたりしないで」との出合いが印象的で、「この曲こそが大河ドラマの龍馬のイメージに近いと思った」と語る。

今後は、今の若者が高い志を持てるようにと、「世に生を得るは事を成すにあり」など龍馬の残した言葉を書くことに挑戦するという事なので、楽しみだね。

ラベル:龍馬伝 紫周
posted by hane at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。